読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

院長の漫画カルテ

余計なことからコツコツと。旧「勤務医開業つれづれ日記・3」です。

【感想】『夫のちんぽが入らない』こだま 性器の不一致。人も性器も、入れて出す、入って出ていく。それだけなのに、いつもちょっとだけ手遅れ……【ネタバレ・大人気】

 

『夫のちんぽが入らない』読みました。

 

衝撃的な本でした。セックスしようとしてもできない。どんなに頑張っても「半ちんぽ」までしか入らない。性格ではなく性器の不一致。

 

小学校で教師をしているけど、担任の学級は崩壊している。そんな夫婦の姿についての赤裸々な告白本です。感想を書いてみました!

 

多分、わたしの人生の中で一番”ちんぽ”って書いた回数が多い文章だ(笑)。

 

 

 “夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化! 


いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

 

以下、ネタバレありです。

 

人生の問題について、教科書的な解答ってありますよね。いわゆる模範解答みたいなやつ。「一人で困ったら誰かに助けを求めよう」とか、「相手の立場に立って物事を考えよう」とか。

 

でも、人生って教科書的なことばかりできないことって多いじゃないですか。苦しくて悩んで、どうしても模範解答と逆に行かざるを得なくて。頭では知識としてわかっているのに、どうしても体がそうできないことがあったりしませんか?

 

そして、そのことを作品にしたり、ネットで投稿したら炎上するようなやつです。そもそも解答自体がないこともあったり、あっても健常者の外部意見で歪んでいたりしませんか?そんなことを考えさせられるような本でした。

 

 

「私」=「こだま」先生だと思うのですが、親御さんがかなり切れやすい毒親です。「私」は愛想がなくて、母親を怒らせてばっかりで、器量も悪い。しかも、顔が母親似。完璧主義者の母は、些細なことでブチ切れます。小さなころは児童虐待のオンパレードで、床にたたきつけられたり、縛られたり、暴力を振るわれたりで、かなりひどい。

 

超ど田舎の集落から逃げるように大学に進学した「私」は、未来の夫になる男性に会う。それも引っ越し初日に。あっという間に恋人同士になって、あっという間にベッドインして、そしてセックスができない。

 

大学を卒業して、二人とも教師になって、「わたし」のクラスは学級崩壊してしまいます。夫とはずっとセックスができず、無理にやろうとしても毎回性器が裂け、大量の出血があります。性器の不一致。精神を病んで、ネットで男性とゆきずりの関係を繰り返しますが、不特定多数の人とはセックスができる。夫とだけセックスができません。

 

結局は学級崩壊したクラスをどうすることもできず、「私」は小学校教諭を退職します。皮肉なことに、退職して学校を離れてから子供達は「私」をしたって自宅に来るようになります。

 

精神を病んだあと、さらに自己免疫疾患を患い、全身の異常と関節の腫脹をきたします。飲んでいる薬のせいで妊娠することはできないけど、年齢的にラストチャンスだと思って担当医と相談して妊娠できるように減薬してみます。3ヶ月間の減薬で妊娠は可能になったけど、体はボロボロになってしまい病気は悪化し、妊娠はあきらめて薬を再開しました。そんなことをしているうちに生理がこなくなってしまって早発閉経してしまいます。

 

 

セックスは、ちんぽが女性器(そういえば”まんこ”という単語は出てこなかったと思う)に入って、出すものを出します。人と人の関係だって、他人の内面に入って、そしていつしか出て行きます。「私」には夫だけが精神的に内面に入っても全く違和感のない、かけがえのない人物です。でも、夫のちんぽだけが肉体的に入らない。「私」を虐待した毒親の母ですら、「私」の妹に孫ができて少しボケて丸くなって、いつの間にか前とは変わっていく。いじめた当時のひどい暴君の母本人はいつしか姿を消していなくなり、傷ついた自分だけが変わらないまま取り残されてしまいます。

 

「私」はいつも、ちょっとだけ手遅れ。時流に乗ろうともしませんし、他人を出し抜こうともしません。自分が傷つけられた経験のせいか、他の人と極端に距離をとります。そして、結局は助けを求められず一人で苦悩して、いろいろな歯車がちょっとだけずれていってしまいます。精神を病み、自殺を考え、そして不特定多数とセックスをする。退職して、病気になって、そこまでいって初めて子供を産もうとして挫折します。そして早すぎる閉経。なにもかも、真面目にやっているはずなのにちょっとだけ何かが足りません。

 

それなのに「私」に共感しまうのはなぜでしょう?真面目に息をひそめているはずなのに、あふれでてくるユーモアもすごいと思います。精神的に爆発するはずの場面なのに、軽やかに書き切る文章力もすごいです。でもそれだけじゃない。テクニカルな部分もすごいけど、書いている核の部分が読み手の心に伝わってくる気がするのです。その伝わる核ってやつは、きっと読者ごとに違うと思うのだけど、入っても入らなくても、出ても出なくても、自分らしくあろうという、自分の不完全をさらけ出す勇気というよりあきらめが、静かな文体からにじんでくるようでした。解答なんてないんだ、って。

 

"ちんぽ"のことをレーゾンデートル(存在理由)と書いたのは村上春樹だったと思いますが、村上氏の小説って、一つの現代社会の模範解答ですよね。オシャレでスタイリッシュにセックスして、それでも周りにあわせず、悩みながら自分の道をいく。そんな村上氏とは全く逆方向な作品です。

 

「夫のちんぽが入らない」という巨大な問題を目の前にして、ちんぽの前で解答がわからなくて、激痛があっても大量出血おこしてもどうにもならない。ひさをかかえてため息をついている「私」の姿が目に浮かぶようです。そして読者である私たちも、何かしら問題を抱えながら模範解答を出せない迷えるおなじ人間なのです。

 

 

とにかく、めちゃくちゃおすすめの一冊でした。ぜひ。

 

 

追記:

以前のブログは、しりこだまさん「塩で揉む」http://maruta.be/kodamaだったんですが、こちらがなくなって、現在は塩で揉むに移転しています。移転の経緯は塩で揉む : きょうからここでに書いてあります。

2017.01.21

 

追記2:

こだまさんご本人からご連絡いただきました!

本当にありがとうございます!!こんな場末のブログにまで来ていただきまして、本当にうれしいです。で、若干ですが内容を修正させていただきました。これからも応援していきたいと思います。頑張ってください!!

2017.01.22

 

追記3:

追加記事書きました!

すごいアクセスです。話題が爆発しているのも、もとの作品が素晴らしいからですね。そして新聞に広告拒否されているようです。まあ、しょうがないですよね、タイトルが素晴らしすぎますから!!広告できない作品をぜひ、読んでみてください。

2017.01.26

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

 追記4:

ついにちんぽ天下とりました!アマゾン制覇です。速報書きました。

2017.02.04

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

 

 追記5:

Google先生からこの記事、検索除外されてしまったようです。

なんでだ?そんなにエロい?原因はわかりませんが、若干の修正をいたしました。

 

 

 

 

 

 

なぜか「夫のちんぽ」と一緒に購入されている方が多い本。メチャクチャ売れてるな、これ。

究極の男磨き道 ナンパ

 

 

 

こっちはゲスすぎる本です。抵抗ない人にはお勧め。


ご参考になりましたら幸いです。