院長の漫画カルテ

院長が全力でオススメする漫画はこれ!

MacBookで macOS Sierraをクリーンインストールする方法

ちょっと古いMacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)を持っています。連休中にこいつをmacOS Sierraにクリーンインストールしてみました。

 

最初は全然立ち上がらなくなってしまって、Mac の NVRAM をリセット(昔でいうPRAMリセット)してようやく復活しました。でもシステムが安定しないので思い切って新しいOSにクリーンインストールしてみました!

 

以下は自己責任でお願いします。当方は責任持てません。データがなくなっちゃうから気をつけてね。

f:id:med2016:20170320161151j:plain

 

注意!

これらの操作はデータが失われることが前提になっています。必ずデータのバックアップを行ってください。完全自己責任で行ってください。

 

 

 

データのバックアップ 

とにかくデータをバックアップしましょう。クリーンインストールって、本当にまっさらに何にもなくなってしまいます。工場出荷状態と同じですから、DropboxでもTime Capsuleでも好きなものでバックアップをとってください。

 

 

APPLE AirMac Time Capsule - 2TB ME177J/A

 

いままで何度かクリーンインストールをしていますが、一度途中でハングアップして再度インストールしなおしたこともあります。なによりクリーンインストールってPCのデータを全部消すのが大前提ですから、絶対にバックアップは必要です。

 

 

Macクリーンインストールの手順

 

それでは、クリーンインストールを行いましょう。手順は以下のようになります。

 

1) データバックアップ

2) macOS Sierraをインストール

3) 再起動

4) ディスクユーティリティーでMacintosh HDのデータを消去

5) macOSを再インストール

6) macOS Sierraの設定

 

ポイントは、最初にmacOS Sierraをインストールしてからデータを消して、それからmacOSを再インストール、という流れですね。

 

なんとなく古いmacOSを消して、それから新しいmacOSをインストール、っていうイメージかもしれません。でもそれではダメです。最初に新しいmacOSをインストールしてからデータを消去、最後にmacOSを再インストールというのが流れです。

 

 

macOS Sierraはこちらから入手してください。

macOS Sierra

macOS Sierra

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

 まずは最新のmacOS Sierraをインストールしてください。

 

f:id:med2016:20170321000724j:plain

インストールは結構時間がかかるかもしれません。インストールが終了しましたらMacを再起動してください。

 

 

再起動

 

再起動の時には、command + r を電源ボタンと同時に押してください。これでmacOSユーティリティーを起動することができます。

 

f:id:med2016:20170321000954j:plain

するとこの画面が出ます。最初はいちばん下のディスクユーティリティを起動させてください。

 

ディスクユーティリティーでMacintosh HDのデータを消去

 

f:id:med2016:20170321001503p:plain

内蔵のMacintosh HDを指定します。青い線がHDで使用しているデータ量です。そして上の中央の消去ボタンをクリックしてください。

 

 

 

f:id:med2016:20170321002011j:plain

するとこのアラートが出ますので、消去を押してください。

 

f:id:med2016:20170321001813p:plain

消去が終わると完了がでます。

 

f:id:med2016:20170321002508p:plain

消去した後のHDは、すっからかんになっています。

青い線が全くありません。HDもデータ消去するまえのHD使用量が144GBなのに対して、消去後は312MBしか使っていません。

 

macOSを再インストール

消去が終了して、wifiがつながるようにしてください。もちろん有線でも可です。つながっていれば大丈夫です。

 

ここで再起動をかけます。ふたたび、command + r を電源ボタンと同時に押してください。このステップでwifi接続できていないとユーティリティーが立ち上がらない場合があります。

 

 

f:id:med2016:20170321003053p:plain

 ここで、macOSを再インストール、をクリックしてください。

 

f:id:med2016:20170321004118p:plain

続ける、をクリックしてください。

 

f:id:med2016:20170321004152p:plain

この画面が出てきますので、続ける、をクリックしてください。

 

f:id:med2016:20170321004331p:plain

この画面が出たらMacintosh HDをクリックして、インストールをクリックしてください。

 

f:id:med2016:20170321004439p:plain

macOS Sierraの再インストールが始まりました。これが終わるとSierraの設定です。

 

 

macOS Sierraの設定

f:id:med2016:20170321004540p:plain

日本を選択し、続けるをクリック。

 

 

f:id:med2016:20170321004642p:plain

キーボード入力環境をいれて続けるを押してください。

 

f:id:med2016:20170321004747p:plain

Wifiの設定を行ってください。

 

f:id:med2016:20170321004824p:plain

Macに情報を送るかどうかを選択して、続けるをクリック。

 

f:id:med2016:20170321004907p:plain

位置サービスについても使用するかしないかで、判断お願いします。

 

 

f:id:med2016:20170321005009p:plain

Apple IDの情報を入力してください。

 

あと、コンピューターアカウントを作成してください。

 

f:id:med2016:20170321005238p:plain

診断と使用状況をクリックします。

 

 

まとめ

以上でMacBookProで macOS Sierraをクリーンインストールすることは終了です。残されているのは元データの復元ですね。頑張って下さい。

 

ちなみにHDはクリーンインストールしたらどうなるのでしょう?うちのデータを載せてみます。

f:id:med2016:20170321010136p:plain

クリーンインストール前↑

 

f:id:med2016:20170321010352p:plain

クリーンインストール後↑

黄色はシステム領域です。すっかりデータはなくなって、きれいな空っぽになっています。くれぐれも大事なデータがなくならないようにご注意ください。

 

 

 

どうでしたか?いろいろな場面でこうやって使うことがあるかもしれません。あと、PCを買い取りなどに出す時には、HDのクリーンインストールをしてデータを消しておくのもいいかもしれません。

 

 

以上、ご参考になりましたら幸いです。