院長の漫画カルテ

院長が全力でオススメする漫画はこれ!

【速報】青猫について 最終回 小原愼司 愛と覚悟、達成感のあるラストでした!【ネタバレ漫画レビュー】

 

 

「青猫について」が完結しました。もう少し続いて欲しかったのですが残念!でも、刹那的な雰囲気と妙に色気のあるキャラクターがとても印象的でした(特に10話はエロかったし)。

 

<青猫について 最終回 試し読み>

yawaspi.com

 

あらすじは小原愼司センセイのHPがとってもいいです。

f:id:med2016:20170324234848j:plain

HP施療院島より引用

 

まあ、本編はもっと首が飛んで血まみれですけどね。

 

 

<ちょいエロ回だった第10話 試し読み>

yawaspi.com

f:id:med2016:20170324233834p:plain

(青猫について 第10話より)

最終話の前の10話はちょっとエッチです。瞳子は百合のカラスにいろいろいたずらされちゃいます。

 

 

では最終話を。

f:id:med2016:20170324233034p:plain

第10話でカラスに負け、とどめを刺されずに介抱された瞳子。ヒヌマの居場所をカラスから聴き出します。瞳子はほほを赤らめて、まるで恋人に会いに行くようにうれしそうに飛び出します。手には戦いで折れてしまった刀を持っています。

 

 

 

f:id:med2016:20170324233047p:plain

ヒヌマは中佐に捨てられ、センセイに手を回されて警察にのりこまれます。追い詰められたヒヌマは警察相手に戦います。

 

瞳子が着いたときには、すでにヒヌマの家は血まみれでした。ヒヌマを前にした瞳子は折れた刀を手に、いったいどうするでしょう?

 

ヒヌマとの戦いの後日譚もそのあとにあります。その話がまたいい感じです。最後に瞳子が手にとった日本刀はヒヌマの刀に見えるのは私だけでしょうか?

 

続きはぜひ読んでみてください!

 

 

 

 

連載が終了したのは大変残念でしたが、 でも最終回としてはとっても良い形だったと思います。刹那に生きる瞳子の笑顔がとっても素晴らしかったです。シスターだったし。

 

復讐を成し遂げ、つねに死を意識しながら一生懸命に生きていく。瞳子自身が決してこのままではいられないこと、いつか自分も他の人たちと同じ道をたどることを覚悟している感じがいいです。素晴らしい作品でした。

 

 

6月12日頃単行本2巻が発売予定だそうです。

小原愼司先生の次回作に期待ですね!