院長の漫画カルテ

院長が全力でオススメする漫画はこれ!

【感想】最終巻!背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10 横田卓馬【ネタバレ漫画レビュー】

背すじをピン!と」最終10巻が出ました!

いやあ、いいお話でした。夏の全国大会が終わった後、駆け足でお話が収束していったので「打ち切りか?」とウワサされていましたが、単行本の作者あとがきを見るとここで予定どおりの終了だったのかもしれません。

 

1年生だった土屋くん(つっちー)もわたりさんも3年生になります。そして最後の夏の全国大会に戻ってきます。あのつっちーが3年になるとは想像もしませんでした。

 

もっと長く読みたかった作品でしたが、残念。でもさいごも素晴らしかったですね。


単行本ではおまけにエンドロールと最初の読み切りの「競技ダンス部へようこそ」がついています。ジャンプ週刊派もぜひおすすめです。

 

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

全国大会、ラテン部門がついに決着! 長い一日を終えた高校生ダンサー達は、それぞれの未来へ歩み出していく。青春競技ダンストーリー、堂々完結!! 本作の原点となる読切『競技ダンス部へようこそ』も収録。 

 

高校に入学して、競技ダンス部に入部した全くの初心者の土屋くん(つっちー)と亘理(わたり)さんが 一からダンスを覚えていくお話です。つっちーもわたりさんも性格が大人しくてとっても頑張り屋さんなので、すこしずつステップアップしていくのが微笑ましいです。

 

そして脇役が濃い。濃すぎる。

部長、副部長の土井垣&綾辻ペアが全国トップレベル、2年目の八巻&椿先輩ペアもすごいし、土井垣のお姉さんのレッスンプロ、葉澄・リンデンベルクがさらに濃いです。つっちー、わたりさんペアとのギャップがいいのかもしれません。

 

八巻&椿 

f:id:med2016:20170405090440p:plain

全国大会、ラテン部門がついに決着しました。残念ながら八巻&椿組は3位でした。

f:id:med2016:20170405090452p:plain

椿秋子は結構かわいいところあるけど、八巻とはカップルにはならないのかな。いや、正直にいうと私生活では八巻とはカップルにならない方が幸せだと思います。

 

でもメーテルリンクの青い鳥的に、実は大事にしたい人はそばにいた、とか八巻なら言い出しそう。うわ。

 

 

土井垣&綾辻

f:id:med2016:20170405090508p:plain

土井垣さんと綾辻さんは今回の大会で引退です。偉大な先輩でしたから八巻&椿 もつっちーわたりさんペアも引っ張っていった、お話では事実上のエンジンペアでしたね。

 

最終話で二人はプロとしてさらに活躍の場を海外に広げます。

 

 

 

 

 

葉澄・リンデンベルク→土井垣葉澄 

f:id:med2016:20170405090605p:plain

f:id:med2016:20170405090616p:plain

f:id:med2016:20170405090622p:plain

ある意味、最強のキャラで個人的には大好きです。見事に離婚に成功されて凱旋復帰します(苦笑)。

 

 

 

 つっちー&わたりさん

f:id:med2016:20170405090531p:plain

だから二年生になったわたしたちなら

今よりもっと

なんでもできるようになってるよ……!

 

 

いい子だ!わたりさん!!

大変だけど充実した1年生の部活でしたね。わたりさんの笑顔を見るとほっとするね。でもね、次のお話では君たちいきなり3年生になるんだよ!?

 

f:id:med2016:20170405090544p:plain

高校3年間の総決算である夏の全国大会本番で、わたりさんの脳裏に思い出がよみがえります。小さいコマなんだけど、じっくり一コマ一コマ見ていくと本当に色々あったよね。

 

f:id:med2016:20170405090552p:plain

 ありがとう

 

いいお話だ!わたりさんの回想シーンがもっとドカンと出ていたら泣いていた。つっちーに伝えたいことってやっぱり”ありがとう”なんだね。

 

こうしてみると「土屋くん」「わたりさん」で呼び合っていた3年間でした。これで二人の仲が発展していたら全然違う展開になっていました。せめて下の名前で呼ぶぐらいになってほしかったかも。

 

改めて振り返ってみると「背すじをピン!と」は恋愛成分がほとんどありませんでした。これでわたりさんとつっちーがいい感じになったり、八巻&椿ペアがぐちゃぐちゃの末に付き合うとか、土井垣&綾辻ペアが結婚とか、なんかあったらいいと思いましたけど、実際にそういう話になったら別の漫画になっちゃいますよね。

 

 

 

 

おまけ カバー下 

f:id:med2016:20170405090652p:plain

カバーめくってびっくりしました。 ひらり、てめーが大トリかよ!ま、いいけど。

 

あと2011年46号の読み切り「競技ダンス部へようこそ」も入っています。これが2011年50号で『ONE PIECE』の尾田栄一郎が巻末コメントで「この前のダンスの読み切りすごいよかった。慌てず頑張って下さい!!」と絶賛した短編です。いまとは絵柄が違うのですが、じーんとくる感じです。あとは「こがねいろ」 が単行本未収録なのでいつか出て欲しいですね。

 

 

ということで「背すじをピン!と」も最後になりました。つっちーは等身大の主人公として十分に頑張ってくれたと思います。わたりさんもかわいかったし。


周囲がハイスペックインフレーションをおこしても、つっちーとわたりさんは平均的部活生として本当にいいペアでした。いい作品でしたね。未読の人はぜひおすすめです!

 

 

 

 

 <横田先生公式HP>PC版がかっこいいんだ、ここ。

yokota-ko-bo.com