院長の漫画カルテ

院長が全力でオススメする漫画はこれ!

【感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。(1)岡田麿里、 絵本奈央 って「あの花」「ここさけ」脚本家のエッチ本ですた【ネタバレ漫画レビュー】

 

 

 

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」ごめん、正直スルーしてたわ。「それでも僕は君が好き」の絵本奈央先生の絵ですからめちゃくちゃ絵が上手いです。っていうか単に個人的に好きなんです。

 

で、原作者って誰だろう。えーと、岡田麿里

 

え゛―っ!?

「あの花」「心が叫びたがってるんだ。

で脚本書いてた岡田麿里先生???

なんか、エロいんですけど!!!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。(1) (講談社コミックス)

 あなたの“はじめて”を、わたしにください──。和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

 

 

f:id:med2016:20170409232249p:plain

ページめくると「有頂天家族」か?ってかんじですけど、白黒でビシッと決まってすごいいいです。ここ見て原作が岡田麿里先生ってはじめて知りました。うひょう!

「あの花」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本書いてられる方ですからね、どうなるんだ?

 

 

 

文芸部は5人います。それぞれのお話が語られていますが、主人公は和紗ちゃんです。

 

 

f:id:med2016:20170409232642p:plain

少女の白い肢体

その下腹部の柔らかな茂みの前に私はひざまずいた……

顔を埋めると

青草の香りがぷんと鼻をつく

 

 

こらこら!何読んでるんだ!!

小野寺和紗(おのでらかずさ)ちゃんは文芸部でエロ本、純文学を朗読を聞いてます。まあお年頃ですから、反応がみんなウブウブです。ちなみに和紗ちゃんの愛読書は「モモ」だそうです。

 

でも、同級生がかなりすれていてエッチ経験者がいっぱいいる模様。いや、実際にはあまりいないのかもしれないけど、そういうことばっかり耳に入ってくる感じです。文芸部のメンバーもフロイトのいうところのリビドーがありあまってます。でもどうしたらいいのか全然わからりません。

 

f:id:med2016:20170409233919p:plain

f:id:med2016:20170409233937p:plain

お母さんはよく

”天然”とか”子供っぽい”とか

言われるけど……

処女じゃ……ないんだな……

 

 

うわあ、このセリフ、すごいな!ビリビリきました!!

女の子が言うからありだけど、男の子が自分のかーちゃんにこれ言ったらやべーです。和紗ちゃんは悩みまくり。でも、何に悩んでいるのか自分でもわかっていない感じ。でも残念ながら、君を突き動かしているものは理性じゃわからないんだよ。 

 

 

f:id:med2016:20170409234428p:plain

泉君は和紗ちゃんと幼なじみ。隣のお家に住んでいて、今も昔も行ったり来たりしてます。中学からぐんぐん成長してかっこよくなって同級生にももててます。だから学校ではちょっと住んでる世界が違う感じ。

ところが……。

 

 

 

f:id:med2016:20170409234658p:plain

あれま!

和紗ちゃんが泉君お部屋に入ったら、彼の自家発電に遭遇してしまいます。ちなみに、泉君は左利きか?あの花のあなるは左利き疑惑があったが、泉君はいったい?……いやまあ、どっちの手でオナニーしてもいいけど。

 

f:id:med2016:20170409235055p:plain

お おっきくなっ…

…セ セックスっていうのは

アレを

アレに

アレして…

 

思わず部屋を飛び出した和紗ちゃんの脳内はいっぱいいっぱいで暴走機関車状態。なにも言わずに泉君の部屋にはいった和紗ちゃんも悪いけどね。

 

で、泉君のことをそれまで以上にめちゃくちゃに意識しちゃうんです。それなのに他のクラスメイトが泉君に告ったりします。ますます泉くんのことが気になる和紗ちゃんは、泉くんと口げんかしたりします。泉君も和紗ちゃんとケンカしてセックスの話してるのに気付かなくて後から赤面したりします。

 

 

 

 

文芸部の他のメンバーの性衝動もかなり楽しみです。

お堅い文芸部部長の曽根崎り香ちゃんがかなりツンツンですからデレて欲しいです。背も高くてモデル体型なのに鉄の処女な性格ですから一番の期待ですね。

 

菅原新菜ちゃんは不思議系美少女で男性陣のハートをつかみそうですが、好きな本がバタイユの「眼球譚」だからマジキチかも。

 

本郷ひと葉ちゃんはいろいろ投稿中で村上龍コインロッカー・ベイビーズ」が好きらしいから、リアルライフもぐちゃぐちゃになるかも。うわぁ、担当の編集がなんか変な雰囲気出しているから怪しい感じです。

 

 

 

 

絵本奈央先生の絵はすごい好きなので、表紙がとっても残念。これだとぱっと見、絵本奈央先生の作品だってよくわかりません。前作「それでも僕は君が好き」みたいなシンプルな感じもいいと思うし、最近の西炯子先生みたいな表紙もいいなって思いますけどどうでしょう?

 

ということで、登場人物はみんな性ホルモンが荒れ狂って、リビドーにぐるんぐるん振り回されちゃってます。これ一体どうするんだろう?お話まとまるの?って感じです。みんなの理性が壊れちゃって本能がぐんぐんお話を引っ張ってくれる、っていうかますます混乱しているので続きが楽しみです。おすすめでした!

 

 

 

 <試し読みはこちらから>

www.shonenmagazine.com

 

 

 絵本奈央先生の前作

[まとめ買い] それでも僕は君が好き(週刊少年マガジンコミックス)

 

 

岡田麿里先生脚本の「あの花」「ここさけ」 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(通常版)

 

心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]